プラセンタ注射のリスク?気をつけたい3つのポイント

      2016/11/22

プラセンタ注射の3つのリスク

プラセンタは美意識の高いクレオパトラやマリーアントワネットなどの古代から若返り成分として親しまれてきました。

美肌効果、疲労回復に効果があるので美容クリニックや病院では年代を問わず人気があります。

プラセンタ注射(ラエンネック、メルスモン)を受けるときには3つのリスクがあるので、本当に摂取してもよいのかを考えたうえで摂取してくださいね。

プラセンタ注射のリスク その1

献血は禁止されている

ヒトの胎盤から抽出されたエキスがプラセンタ注射の成分なので、感染の考慮からある一定期間内の献血による採血はできないという赤十字での取り決めがあります。

検査をした上で健康な妊婦さんの臓器である胎盤を原料にしているので、ヒトプラセンタでの感染症による副作用はありません。

注射以外のサプリメント類の献血は問題ありません。

プラセンタ注射のリスク その2

静脈注射による摂取

静脈注射とは点滴のことです。静脈注射を受けたことによって血圧が低下して痙攣、ショック状態を起こすなどの重症化しやすい副作用があります。

ラエンネックやメルスモンの薬剤会社では点滴での摂取を禁止しています。

注射での摂取は、筋肉注射や皮下注射です。

これらの副作用は、皮膚に少し赤みや発疹ができることがありますが、短時間で消えます。

プラセンタ注射のリスク その3

アレルギー反応

プラセンタはたんぱく質が豊富です。このタンパク質でアレルギー反応を起こすことがあります。

とくにアレルギー、アトピーをお持ちのかたは医師の指導に従ったうえでの摂取をおすすめします。

注射のようなリスクが少ないプラセンタ摂取方法

私が実際に使用しているプラセンタはサプリメントと美容液で注射による献血ができなくなるリスクなどがなく、高濃度でもリーズナブルなので毎日続けることができます。

フラコラ・プラセンタ美容液(外側からのケアにはコレ)

フラコラのプラセンタ美容液は安心安全の国産のプラセンタを使用した混じりっけなしのプラセンタエキス100%の美容液でお肌に直接、届くため付けた瞬間からお肌にうるおいを感じました。

プラセンタ原液100%でこのお試し価格は見たことがないので即購入。

惜しげもなく使えるからサプリとWで使用してプラセンタ注射並に肌のキメが整うのを実感しました。

プラセンタ美容液_文字入れ

プラセンタ原液100%美容液が980円(送料無料)で15mlも試せるなんて驚き!

パッケージもかわいくて、何度でも使いたくなるほど虜になりました。

顔だけではなく、胸の周りやひじ・ひざなど気になる箇所を集中的にケアすることでツルツルのお肌を手に入れられちゃいました。

原液100%でもリーズナブルだから気になる箇所にたくさん使えて、効果も抜群!WHITE’stプラセンタエキス原液

フラコラ・プラセンタつぶ(内側からのケアにはコレ)

私の愛飲しているサプリメントはフラコラのプラセンタつぶというものでプラセンタ10,000mg!の他、美容成分アスタキサンチンやセラミドも配合しているので美容マニアにはうれしい成分ばかり。(プラセンタ成分が従来の2倍に)

プラセンタも3粒に10,000mg!も配合され良心的な価格なので我慢せずに毎日摂取することができました。

注射とは違って自宅でケアできて飲み始めて3日目には肌の透明感や明るさが変わり、化粧ノリも全く違って気分も上がっちゃいました。

お試しも送料無料の980円だったから一度試したら手放せない!くらい効果を実感。

プラセンタつぶ文字入れ

高品質なプラセンタなのにリーズナブルな価格なところが続けるポイントですよね。(注射は効果があっても続けるには割高で・・・。)

内側からのケアのおかげでホルモンバランスを整える効果により生理前などのお肌トラブルとも無縁になって素肌美人へももう少しです♪

高濃度で低価格!
継続3日目に大人ニキビが減ったのは1日120円のプラセンタつぶのおかげ♪
WHITE’stプラセンタつぶ袋タイプ

プラセンタ注射のメリットとは?

プラセンタ注射を受けることにより副作用などのリクスがありますが、注射は医薬品ですので病院でのアフターフォローがあるので安心して摂取できるかと思います。

注射は1週間に数回受けなければ効果がでにくいことがあります。

1回につき1,000円~ですので月に1万円~の費用がかかることから定期的に通えるかどうかも考えましょう。

プラセンタ注射以外での摂取は副作用が少ない

プラセンタは注射だけではなくサプリメントやドリンクからでも注射と同様な効果が期待できます。

注射ではヒトプラセンタが主流になっていますが、サプリメントでは豚や馬の胎盤が原料としているので献血を受けられないこともありません。

注射ほど効かないんじゃないの?と思っているかたも多いかと思いますが、サプリメントでもどれだけの成分がカプセルの中に含まれているかで注射以上の効果を得られます。

注射でも、料金に差があるように濃度の低いものは価格も安いです。

サプリメンやドリンクでも同じなので、品質が良く高濃度な商品を選びましょう。

良いプラセンタを選ぶコツ

商品に記載されている成分表を確認してみましょう。

1日にプラセンタ純末量が100mg~と表記されてあれば問題ありません。

抽出方法を確認

酵素分解法、凍結酵素分解法は、コストは高いのですが成分を壊すことなく抽出できる方法です。

水を使わずにヒトの酵素を利用して抽出するのでプラセンタの栄養素を逃がしません。

高品質な商品は大体この方法を用いています。

製造方法を確認

粉末をエキスにするために加熱する方法ですと栄養が抜けて濃度が薄くなるので、凍結させて不純物を取り除くフリーズドライ製法が高濃度な状態を維持します。

まとめ

健康、美容のためのプラセンタですから副作用のようなリスクは嬉しくないものです。

しかしプラセンタ注射によるリスクを回避することは難しいことですのでサプリメントやドリンクで一度、効果を実感してみてはいかがでしょうか。

で、結局コスパ最高のプラセンタはどれ?

様々なプラセンタを経験した私が選んだプラセンタはフラコラのプラセンタエキス100%・WHITE’stプラセンタエキス原液美容液と3粒で10,000mg配合のプラセンタつぶです。

 

1.プラセンタエキス原液(美容液)について

プラセンタエキス原液の公式サイトを読んで私の体質に合うか?成分的に問題がないか?正直、怪しくないか?を細かくチェックしました。

▶︎プラセンタエキス原液美容液の公式ページはこちら

即効性を感じたフラコラプラセンタエキス原液を購入し使用して感じた効果など体験談は こちら

特に美容液であるWHITE'stプラセンタエキス原液は長年の悩みであったほうれい線が目立たなくなり、お肌の発色もワントーン以上明るくなった気がします。
after  

2.フラコラプラセンタつぶ(サプリメント)について

プラセンタつぶもやっぱり内服するサプリメントであるので安心して購入できる会社か?原材料などの成分、注意書き等を読みました。

▶︎プラセンタつぶの公式ページはこちら

プラセンタつぶはじめ3つのプラセンタサプリメントを実際に使用して感じた効果の体験談を比較して付けたランキングは こちら

3つのプラセンタサプリメントを飲み比べてプラセンタつぶは他のサプリメントよりも含有量が高くお値段も手ごろという部分で続けやすく、体質から効いている気がしています。

ただ即効性を求めるなら、プラセンタつぶよりもプラセンタエキス原液の方がお肌のもっちり感や発色などすぐに効いたような感じでプラセンタつぶは内側から徐々に効いていき疲労感回復や乾燥に効いている感じですね。